大分大学 理工学部 創生工学科 建築学コース

 建築環境工学研究室

   

    (Clear Sky)

    (Overcast Sky)

    (Night)

 ファンズワース邸(ミース)のCG

建築環境工学は、人間が建築物で生活する上での快適さ
(例えば、明るい・暗い、暑い・寒い、うるさい・静か・・・など)
に関することを専門にしています。


研究室について
  当研究室では、光・熱環境などに関する建築環境を中心に研究を行っています。
  ・研究室メンバー

形態係数

  平面上の点から対象物体を見ることができる割合を形態係数(立体角投射率)

  と呼びます。形態係数は0〜1(100%)の値で示されます。放射熱などの計算

  には形態係数が使用されます。次に形態係数のシミュレーション例を示します。

  室内の形態係数

    事務室モデルによる床面・壁面上の形態係数分布の例

    このモデルは6名が机に向かって着座しています。

        室内の形態係数

      ・「人体」の形態係数分布

      ・「椅子」の形態係数分布

      ・「机」の形態係数分布

  人体の形態係数分布

    人体の表面上に計算点を設定し、形態係数を計算しています。

    このモデルは室内おいて1名が机に向かって着座しています。

      ・人体表面上の形態係数分布

天空輝度

  太陽を除いた空の部分を天空と言います。天空の明るさは、同じでなく

  天空部分により異なります。そのような天空の明るさを表すものとして

  天空輝度分布モデルがあります。これらのモデルには

    CIE標準晴天空 (CIE Standard Clear Sky)

    CIE標準一般天空(CIE Standard General Sky)

    All Sky Model

  などがあります。

     天空輝度分布

   ・天空輝度分布の表示

     (Sky luminabce distribution display)

Radiance(照明シミュレーション)

  ・Radianceのインストール:Windows10 (WSL)

  ・Radianceのサンプル画像

Pov-ray3.5マニュアル

有名建築CGギャラリー

建築設計演習の記録

Javaアプレット

  ・日影の計算

  ・室内への日射流入量:ひさしによる影響


mail address

建築学コースへ